ご登録はこちらをクリック

仕事に行きたくない理由がわからないときはこれでスッキリ!

「仕事に行きたくない!」
それは間違いないのですが、その理由がわからない時ってありますよね?

そんなときはこの方法でスッキリしてください!

仕事に行きたくない理由が自分でわからない?

潜在意識からのメッセージ

ぼくにもありましたが、仕事に行きたくないのは間違いないんだけど、なんで行きたくないのか、その理由が自分でもわからないときってありますよね?

ただ、それが朝起きたときだけに感じるのなら、それは誰でも思うことだし、ちょっと疲れているだけかもしれません。

特に月曜の朝なんて最悪ですよね(笑)!?

それくらいの気持ちなら、実際起きてみて会社に行く準備をしてるうちに、だんだん会社モードになっていって、会社についたときは何でもなくなってたりしませんか?

あと、これはぼくが自分なりに気づいたことなんですが、アルコールの飲み過ぎは良くないですね。

アルコールって、元気の前借りをしちゃうものだと思うんです。だから、アルコールを飲んでるときは楽しいんですけど、次の日の朝とか、アルコールが切れてくると多少うつ気味になることありませんか?

だから、最近仕事で嫌なことがあったとかで酒量が増えてると、実は仕事の嫌なことが直接の原因ではなくて、もしかしたらそのせいで酒量が増えてることが原因になってるかもしれませんよ?

言っちゃえばお酒ってある意味ドラッグですよね?程々にしないとやっぱダメですよ!
たまにはパーっともいいですが、たまににしておきましょう(笑)!

で、これくらいの「仕事に行きたくない!」なら、次にご紹介するぼくが実践してる対処法を試してみてください!

仕事に行きたくない理由がちょっとした疲れならこんな対処法を

  • ベッドの中で体操・ストレッチをする!
  • 仕事が終わったあとの楽しみを想像する!
  • 仕事に心をフォーカスしない!

まずベッドの中でストレッチですが、実はぼく腰痛持ちで、以前はよくぎっくり腰をしてたんです。

それでいろいろ整体の先生とか、ネットで調べて見た結果、朝の腰痛体操が効くという結果に落ち着いたんですね。
で、これを毎朝実践したところ、腰痛も良くなりましたが、朝スッキリ目がさめるようになり、朝起きがけの「仕事に行きたくないなぁ…。」って感じることが少なくなったんですよ。

人間は割と体が心を支配してるってこともあるのかもしれませんよ?

次に、楽しく帰ってくることを想像するっていうのは、もうそのままです。

「今日の晩飯何食おっかなー?」
とか考えるだけで楽しくなりませんか?

それとか、彼女がいるなら今日の仕事上がりは彼女と食事しようとか、好きな店に行って買い物しようとか、そういうことを考えるだけで結構仕事なんてどうでも良くなります。

最後はちょっと前のと似てるんですが、あんまり仕事に心をフォーカスしないようにするんです。

仕事に行きたくないときって、逆に仕事のことばっかり考えてませんか?

キライなことなんて考えなくていいんですよ!

イヤなことなのに、脳みそをそのことにばっかり使っていては、そりゃーストレスも溜まるってもんです!

だから、 「あ、いま仕事のこと考えてるな。」
とか、
「あーまた仕事行くのイヤだなぁって思っちゃった。」
なんて自分で気づいたら、心のフォーカスをずらす練習をしてみてください。

例えばぼくはやるのは、仕事に行くんじゃなくて、通勤電車の中で読みかけのワクワクする小説の続きを読みに行くって考えたりします。

やってみると思ったより効果ありますよ!

仕事に行きたくない理由がわからないときは潜在意識と語り合う!

もし仕事に行きたくない気持ちが一時的なものじゃなくて、会社で仕事しながらも考えたり、仕事終わって帰るときも思ったり、お風呂入ってるときでも、何をやってるときでもその思いがつきまとうのなら、そしてその明確な理由がわからないというのなら、それはもしかしたら潜在意識からのメッセージかもしれません!

潜在意識というのは、あなた自身が自覚できてないことも気づいてるんです。

例えば、今の職場ではあなたの可能性が引き出せないことを潜在意識が察知して、脱サラや転職、独立起業を望んでいるのかも!?

そんなときは、電車の中吊り広告やCMで、インディードとかの転職情報がやたら目についたり、アントレとか起業家のための雑誌の広告がやたら気になったりするもんです(笑)。

よく言われる、
「奥さんが妊娠すると、街中が妊婦さんだらけになる。」
ってのと同じやつです。

あれ不思議ですよね?絶対妊婦さんがいきなり増えてるわけはないんですよ。
でも、自分の意識が妊婦さんに偏りだすから、目に入る景色が変わるんでしょうね。

そういったことを考えると、やっぱり潜在意識ってものは本当にあって、しかもそれは自分で自覚してないことにもいろいろ気づいてるってことじゃないですか。

なので、仕事に行きたくない理由がわかならないときは、潜在意識と語り合ってみてください。
やり方はカンタンです。

まず1つ目は、夢日記をつけることです。

これは枕元にメモ帳とかを置いといて、起きたら夢を思い出して書き留めるんです。
最初は全然思い出せないものですが、やっていくうちに不思議と思い出せるようになるんですよ。

で、それを後で読み返してみると、自分が何をどう思ってるのか分かるヒントがあったりします。ちょっと面倒かもしれませんが、試して見る価値アリですよ!

もう一つのやり方は、A4の紙に、ひたすら自分の仕事に行きたくない理由を思いつくままに書いていくんです。

30分間以上、一心不乱に、絶対に手を止めず、ぱっと頭に浮かんだことをどんどん書く!考えてはダメ!
ひたすらひたすら、どんどんどんどん書いていく!

そうして、30分以上、または紙がいっぱいになるまで書き終わったら、一息入れたあと改めてそれを読み返してみてください。

今まで自分でも気づかなかった、自分の気持ちを発見できるはずです。

この潜在意識へのアクセス法は、ぼくが心理学や脳科学の本、それとか自己啓発の本を読んで、実際に自分でもしょっちゅう実践して結果が出てるので、間違いないですよ!

さぁ、これであなたの仕事に行きたくない理由がわかれば、その対処の仕方もわかってきますよね?

もしあなたの潜在意識が脱サラを望んでいたら、ぜひこのブログの他のページにも目を通してみてください!

きっとあなたの役に立つ情報のひとつやふたつは見つかるハズですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です